葬儀社・葬儀様式に関するエピソード集

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真館での記念写真をお勧めする理由

人生の一瞬一瞬は二度と戻ってきません。
朝、あなたがコーヒーを一杯飲んだ瞬間も、道端で交わした、近所の小学生とのあいさつも、家族で食べた今晩の温かい食卓も、今この瞬間も。
大切な時間はあっという間にこぼれおちていきます。
お子さんの誕生、百日祝い、七五三、入学、卒業、成人式、家族の記念日、結婚式…そんな人生の節目にある記念日は余計に、その瞬間を記憶だけでなく、形に残るものに残しておきたいと思いませんか?
プロの手による写真はまさに一生もの。
何度も見返すことのできる大切な宝物になります。

私自身は、節目ごとの写真をきちんと残せておらず、悔んでいます。
やはり自分や家族の撮ったスナップ写真とプロが良い機材で技術を駆使して心を込めで撮影してくれる写真は段違いです。
もっときちんと残していけばよかった、と後悔していますが、昔からよく言うとおり、「後悔先に立たず」。
先人はよく言ったものです。
自分の家族、子どもたちの軌跡は、プロの写真館に依頼して形で残そうと決めています。
衣装のレンタルも最近は充実しているようで、選ぶだけでも楽しいものです。
いつもとは少しだけ違う、おめかしをした自分になれる。
私自身はもちろん、4歳と6歳の子どもたちも、相当面白いらしく、大いに盛り上がりながら撮影に向かいます。
我が家にとっては、記念撮影は一つの大きなイベントです。
その高揚した気持ちごと、写真に閉じ込めます。
写真というかたちで、二度と戻ってこない時間を切り取れるのです。

記念写真は、「記録」であり、「記憶」でもあります。
「写真館で記念撮影なんてそんな大げさな」と思うかもしれませんが、この価値は、持ってみなければわかりません。
記憶、記録、一緒に過ごした時間、普通はどんなにお金を積んでも手に入れることのできないものを、記念写真から得ることができるのです。
写真そのものはもちろん、撮影の過程までも含めて楽しむことのできる記念写真。
本当にお勧めします。
Copyright (C)2017葬儀社・葬儀様式に関するエピソード集.All rights reserved.