葬儀社・葬儀様式に関するエピソード集

このエントリーをはてなブックマークに追加

成人式に記念の写真を撮る理由

人生の中でも、成人式は大人への第一歩を踏み出す日です。
もともと、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、制定された日だそうです。
「大人」として認められ、選挙権を持ち、社会に支えらえてきた私達が、支える側になるのです。
そんな記念の日、女性は振袖という日本の伝統衣装に身を包み、男性は袴姿やスーツ姿で普段とは違う晴れ着に身を包みます。

人生に一度の記念の日、この姿を記念写真に残しておかない手はありません。
20歳という素晴らしい瞬間は二度と戻ってきません。
大人の入り口、だけれども若さに溢れていて、輝いている。
当日は時間がなければ日取りを別に持って撮影だけでも撮影しておくべきです。
一昔前は、この成人式の日の写真をお見合い写真にしていたとか…。
特に女性は、プロの手によるヘアメイク、撮影をしてもらう機会はなかなかありません。
私自身も大変楽しんで記念の撮影をしてもらいました。
もちろん、撮影者はプロのカメラマン。
プロが撮るとこうも違うのか、とその技に驚かされました。
何百枚も撮影してもらったのですが、実際に印刷する段階になった時、まったく絞れなかったことは鮮明に覚えています。
どの写真もいつもの自分とは段違いに素敵で、選べなかったのです。

何より、こんなに愛情を注いでくれた両親に対しても、この写真はいい記念だったようで、何度も見返していました。
本人としては照れくさいのですが、やはり嬉しいものでしたし、本当に大人になったんだ、という実感がじわりじわりとしてきたのでした。

冠婚葬祭・行事・葬儀は、深く知るならココがお勧め

Copyright (C)2017葬儀社・葬儀様式に関するエピソード集.All rights reserved.